株式会社テラ
トップページ > 内定者座談会
Conversation Meeting内定者座談会
内定者による就活生のための座談会
左から、佐藤皓輝(さとうこうき) 谷森瑞季(たにもりみずき) 上田暢広(うえだのぶひろ) 内海桃華(うつみももか) 木下理(きのしたおさむ) 高草木将道(たかくさきまさみち)
2017年の内定者が集まり、就職活動全般のことからなぜテラに入ったのかを
就活生に近い視点で語ってもらいました。
どういう点に惹かれて数ある会社の中からテラを選んだのか。
入社したらどのようなことをやってみたいのか。
最後はスローガンを作ってもらい、入社する意気込みを内定者の皆さんに語ってもらいました。
株式会社テラ
なぜテラに入社しようと思ったのでしょうか?
木下くん 面接した方や社員が人間的に素晴らしかったんです。親身に話を聞いてくださいました。今までこんなに親身に話をきいてくれた会社はありませんでした。家族のように悩みを聞いてくださり、そういうところがいいなと。ブラック企業のことが話題になるこのご時世では珍しいなと思いましたね。僕は就職活動をする上で自分と考え方が近かったり、話を親身に聞いてくれるような会社にしようと決めていたんです。
谷森さん 一番最初にお会いしたのが横田副社長でした。副社長がお話の中で会社や社員のことを家族のことのように思っている、という言葉を聞いていいなと思いました。私は大学のサークルで周りからの協力を得られなかった苦い経験があるんです。一方で今働いているアルバイト先では家族みたいな人間関係を作ることができていて。やっぱり家族みたいな関係がいいよな、と思っているところに横田副社長の話を聞きました。そのときに、「あ~、私が理想としている環境がここにあるな」と思いました。
上田くん もともと僕は情報学部でIT関係が好きだったというのがありますね。もうひとつSEの会社と悩んだんですが、テラがビジネスの種を見つけようという姿勢があってそこに共感しました。携帯関係を軸にしているのですが、それ以外も色々とビジネスを展開しているのがいいなと思います。会社が「こうしなければいけない」みたいな縛りがないんです。柔軟な考え方にも共感しますね。この業界で生きていかなければならない、というのがないんで例えモバイルがだめになっても他の道で生き残っている会社だな、と思いました。社長や副社長の話を聞いてもそのくらい柔軟性を感じるんです。そこがいいですね。あとは、僕も副社長とはお話ししたのですが、この方達と一緒に仕事をしたらすごく面白そうだなと感じたんですね。雰囲気がいい人にしかまだ会ってない。研修していてもいい人だな、と思う人しか会っていない。
成田くん 僕の人柄をきちんと見てくださったからです。面談の中でも、こういことをしたい、ということよりも、今まで何をしてきたのか、どういうことを考えてきたのか、という点を重視してくださいました。僕が普段考えていることをストレートに言うことができたんです。こんな人物だから採ってくださったのか、と思いましたのでテラに入ろうと思いました。
テラでやってみたいことはなんでしょうか?
佐藤くん 新しいモバイルの商品開発をしてみたいですね。具体的に言うと僕はクラシック音楽をやってきたので、クラシック音楽のレッスンをオンラインで出来るような仕組みを作ってみたいです。アプリケーションを作ればもっと手軽に音楽が出来ると思うし、例えば楽器の指の番号などを画面上でプロの人からレクチャーしてもらうのもいいかな、と。こういう仕組みが出来れば、今クラシックをする人口が減ってきている現状を少しでも緩和させることが出来ると思うんです。音楽をしたいという人の敷居を下げたいですね。
内定者座談会
内定者座談会
高草木くん 僕はまだ明確な目的とかないんです。全然知らない世界に入ってきた感じがします。ただ、社長からの言葉で「最初は元気できてくれればいい」というお話があって、ここだな、と思いました。スキルなどは後から着いてくる。最初は元気でこいって(笑)
内海さん 私は就職活動の時どういう方向に行くのか、迷っていました。事務系か接客か、ですね。その中で接客が向いていると言われたこともあり、その道を目指すことにいたしました。接客をしようと考えたとき、たくさん選択肢はあると思うんですが、テラの社員の方が素敵で、私はここの会社に入ろうと思いました。今の時点で明確にやりたいことがあるわけではないのですが、例えば携帯電話の操作に慣れていない高齢者の方に分かりやすくサービスを提供できればいいですね。
成田くん クラウドファンディングを通して何かプロジェクトを立ち上げたいです。具体的になにをするのかはまだ決まっていませんが。新しい事業をやりたいかな。テラだとそういう新規事業ができると思っています。
就職活動を通して何を得られましたか?
上田くん 就職活動は色々な業界と関わる良い機会なんですよね。自分が今まであったことがないような人と話したりすることで視野が広がったと思います。
木下くん 僕の場合は落ち着きを得られたかな。就職活動を一時期やめて、しばらくしてから再開したんですが、そのとき思ったのは、背伸びして自分を大きく見せようとしないほうがいいということです。ありのままでよくて、そこに合った会社を選べばいいんですよね。 そこに気付いてから落ち着くことができたかな。
内定者座談会
内定者座談会
谷森さん 私の場合は将来のライフプランを考える機会になったんじゃないかなと思います。どういう人になりたいのか、とか話し合えることってなかなかないですよね。
内海さん 就職活動をする前に友達とその人の良いところ悪いところを指摘しあったんですね。これがいい経験でした。他己分析をすることってないですよね。自分のことや友達のことを深く知ることができたのは貴重ですね。
成田くん 人間一人では生きていけないんだな、と感じました。一人がどれだけ動いてもたいして力にはならないんけれど、チームになれば周りを動かしていけるんだなと感じました。例えば、社員さんの話や、他の会社でも「自分一人では無理だけれど、他の人の力を借りて達成できた」というエピソードを聴いてきたんですね。学生生活ではあまり力を合わせて何かを達成する、という経験がなかったので新鮮だったかな。
就職活動をしている方へメッセージをお願いします
上田くん ちょっとでも興味がある会社があったらコンタクトを取った方がいいですね。受けるのは自由なんで。僕は最初はどんな会社でどういう仕事をしているところがいい、という軸を持たずに活動をしていました。そういう中で、興味があれば1社でもいいので実際に行ってみるといいと思います。
佐藤くん 就職する会社との出会いって運が大きいとおもうんですよ。たまたま何かのきっかけで会社を知るということとかありますよね。だからその中身を知るには自分の目で確かめてみて欲しいです。僕は社長副社長の話や人柄がいいな、と思ってここに入りましたけれど、例えば僕のテラは人が良いという話をそのまま受けるのではなく、自分自身で行動を起こして確かめて欲しいです。
内定者座談会
内定者座談会
谷森さん 少しでも興味がある会社があれば飛び込んでみるといいと思いますね。私もいくつか会社を受けてみました。会社によって全然雰囲気が違うんです。テラは人が柔らかい感じがしましたね。他はちょっときつい感じがして。飛び込んでみたからわかったことですね。
内海さん 会社の面接などで、自分が疑問に思っていることは全部聞いてみると良いと思います。テラは面接の最初に「何か質問はありますか?」と聞いてくれたんです。どういうことかというと、自分でこの会社のことを知ろうとする姿勢がないならば、この会社に来ても意味がないんだよ、と言われました。たくさん面接を受けていると、ついつい受かっているから次へ進もうとおもってしまいがちですよね。でもそれではだめで、しっかりと考えて見極めて欲しいです。
成田くん 就職活動は、とにかく楽しめ、ですかね。嫌なことも勿論あるし、窮屈な思いをすることもあるかもしれないけれど、楽しんでください。就職活動は色々あるけれど、せっかくの機会だからね。
最後に2017年新卒のスローガンを教えてください
一同 変革・チャレンジ・生まれ変わる、このあたりがキーワードかな。大きな気持ちが大事だよ。テラの革命期だよね。
決まりました!
「変革~テラの未来を照らす~」です!
私たちは普通の一期生じゃないよね。