株式会社テラ
トップページ > 内定者座談会
Conversation Meeting内定者座談会
内定者による就活生のための座談会
 
2018年の新入社員が、就職活動全般のことからなぜテラに入ったのかを
就活生に近い視点で話してくれました。
どういう点に惹かれて数ある会社の中からテラを選んだのか。
入社したらどのようなことをやってみたいのか。
最後はスローガンを作ってもらい、新入社員の意気込みをお伝えします。
株式会社テラ
なぜテラに入社しようと思ったのでしょうか?
佐野 誰といっしょに働きたいかを考える中、社員の方々とお話して、その人柄に惹かれたからです。社内全体が家族のように皆で助け合い、目標に向かって仕事が出来る環境であると感じました。また、新しい事業を生み、育てる力を身につけていけると感じたことも決め手の一つです。
河村 面接の時にお話しした社員の方々が、他の会社の面接官の方よりもしっかりと私自身を知ろう、理解しようとしてくれていたのが分かったからです。人との関わりについてなどの考え方が自分と共通する点が多く、このような会社であれば自分らしく頑張ることができるのではないかと思いました。
内定者座談会
内定者座談会
吉田 面接時の雰囲気がとてもよかったためです。就職活動を始めて最初に受けた会社の面接がテラでした。初めての面接ということもあり、かなり緊張していたのですが、いざ始まってみると面接というよりも「おしゃべり」をしている感覚になり、リラックスして話すことができました。また、私は書道を10年以上続けているのですが、初めて会う社員さんの方からも「あぁ君が例の書道やっている子か!」と言われて、面接の際に感じた「自分のことよく見てくれているな」という感覚が実際のものであると確信しました。
向中野 私自身の中身を理解してくださったからです。面接を通して、とても親身に話を聞いてもらえたと感じています。選考を受けた会社の中で、こんなにも私の話を親身に聞いてくれる会社はなかったです。人を大切にしていると感じたのでテラを選びました。
テラでやってみたいことはなんでしょうか?
山田 一番初めに会社説明を聞いた際、新規事業に感銘を受けました。更に面接で「今後は業界にとらわれず様々な事業に挑戦する」と聞き、より可能性が広がると感じました。私の就職活動の軸のひとつが『身近な人たちの生活をより良くすること』だったので、現代人にとって必需品である携帯電話を通して、これまで世の中に出回っていない新しい価値を提供することが今の目標です。
  
樫木 明確に「これがしたい」ということは正直ありません。モバイル業界という自分の未知の業界である場所で、これから様々なことを経験し吸収していきたいと考えています。そのため、頂いた仕事一つ一つに熱心に取り組んでいきたいと思っています。
内定者座談会
内定者座談会
佐々田 現時点では二つあります。一つは将来の目標に向けて経営を学ぶことです。様々なところにアンテナを張って、『ビジネスの勘』を鍛えられるテラで多くのことを学んで成長したいです。もう一つは「それとモバイルを結びつけるのか!」とみんながあっと驚くようなことをやってみたいです。初めは与えられた仕事をきちんとやることが大切ですが、できるようになったところから殻を破って、積極的に行動したいです。
植田 新しいモバイルのサービス開発をしてみたいです。具体的には、保育士の負担を軽減できる法人アプリを実現したいと考えています。保育園でのアルバイトを通じて、人員不足や、既存のITを活かしきれていない現状を見てきたからです。保育士の手間を減らして、その分休んだり、子どもたちと触れ合ったりする時間を増やしてあげたいです。
  
就職活動を通して何を得られましたか?
山田 自分について深く知る良い機会になりました。自覚していた長所・短所ももちろんありましたが、友人に他己分析してもらうことでこれまで気づけなかった自分と向き合うことができました。また会社によっては面接で鋭いところまで聞かれることもあったので、就職活動を終えた今も自然に自分について考える癖がつきました。
河村 改めて人の話を聞く大切さに気づきました。面接がすごく苦手だったのですが、「面接だ」と身構えるよりも、面接官と「会話をしよう」と思い始めてから苦手意識が減り、適度にリラックスできるようになりました。そして、しっかりと会話をして自分の考えを人に伝えるためには、まず人の話を聞くことが大切だと分かりました。
内定者座談会
内定者座談会
菊地 自分自身を知る時間を作れたことです。私は周りの皆と同じ時期から就職活動を始めて色々な会社の説明会にも足を運びましたが、自分が何をやりたいのか分からなくなり、就職活動を辞めた時期がありました。その間に自分自身と向き合う時間を作ることが出来たことが一番の収穫です。
植田 働き方の価値観を考える導入になったことです。大手メーカー内定の友人と並ぶと少し悔しい気持ちになることが今でもたまにあります。しかし、できあがったものを受け継ぐより、みんなで生み出して、みんなでお客様の元へ届ける過程で、礎を築いていく方が、私は魅力的に感じますし、性に合っています。 就職活動で見たり聞いたり、考えたりすることで辿り着いた結果だと思います!
就職活動をしている方へメッセージをお願いします
佐野 どこに縁があるか分からないし、偶然出会った会社や社員の方々に魅力を感じることもあるので、諦めないで行動してほしいです。
佐々田 僕は、自分の将来の夢や、やりたいことを設定し、そこに近づくための手段・方法選びが就職活動だと考えています。最終的に内定をもらって入社する会社がゴールではなく、そこで何をするか、どのように貢献し、またどう成長するかが大切です。設定した夢や目標に到達するためにどの会社に行くか、たくさんある道のうち、今どの道を選ぶのかを決めるだけです。結果的にそれが遠回りになってもいいと思います。
  
内定者座談会
内定者座談会
鈴木 自分の気持ちに素直になって自身が納得する道を選ぶのが一番だと思いました。考えすぎて悩んだらリフレッシュしたり、誰かを頼ったりすることも大切だと思います。あとは、なるべく多くの社会人や年上の人の話を聞いて、いろんな人の生き方や考えに触れるのも良いと思います。そうするとだんだん就活も楽しいと思えるようになります。
吉田 とにかく色々な会社を見ることから始めてみてください。私自身もまだそうですが、学生は学生の世界しか知らないので、世の中のことなんてほとんど知りません。それなのに最初から「私はこういうことがしたいからこの業種の会社に行く!」と決めていても、余程特殊でもない限り「それって他の業種でもできるよね?」ということに気が付きます。なので、まずはいろんな会社を見て視野を広げてみてください。段々自分が本当にやりたいことや、会社を選ぶ上で一番大切にしていることがわかってきます。
実際にテラで働いてみていかがでしょうか?
菊地  就活を通して、テラの社員は「人がいい」と感じていました。それは入社してからも同じ思いです。 入社してすぐにショップに配属になったのですが、覚えないといけない事が多く悩んでいた時期に、先輩社員に優しくアドバイスや指導をして頂いたり、気軽に先輩社員に質問することが出来ますし、仕事の相談にものってくれます。また、思ったことをどんどん意見を言える、風通しの良さも感じています。人がいいテラだからこそできる強みだと考えています。
内定者座談会
内定者座談会
樫木  ショップの仕事をしてみてわかったことは2つです。まず、自分が思っている以上にお客様に求められているということです。そして、お客様の要望に答えられた時の感謝の言葉が、自分のやりがいに繋がるということです。 次に、スタッフ全員が真摯な姿勢でお客様と向き合い、お店を作っているということです。自分の想像している以上に、お客様への想いに溢れている職場だと感じました。
鈴木  入社以前からテラの社員の方々の人の魅力に惹かれて入社しましたが、入社後も一番に感じたのは人の魅力です。目的に向かって皆で頑張ろうという雰囲気があります。店舗ではメンター制度があるため、サポートしてくれる先輩がいるのはとても心強いと感じました。
最後に2018年新卒のスローガンを教えてください
一同 変革を迎えたこのテラという会社の発展のために基盤を造り、そして未来を創るという思いを込めました。
スローガンは、
「テラのベースを創る」です!
実現するために初志貫徹します!