TERRA

NEWS

テラ×ライフスタイル紹介

テラ社員座談会 開発部署メンバー

社員プロフィール
T・Kさん(新卒入社)
部署:プロダクト開発部 品質管理グループマネージャー
開発プロジェクトの品質確保に向けて検証体制やスケジュール調整等のマネジメントを実施
社歴:2009年入社

T・Fさん(新卒入社)
部署:プロダクト開発部 ソフトウェアデベロップメントグループマネージャー
お客様からの受託システム開発やシステム改修要望に対して、その要求仕様を定義しプロジェクトチーム(自社メンバー、協力会社様で構成)のマネジメントを実施
社歴:2006年入社

M・Sさん(中途入社)
部署:プロダクト開発部 部長
新規案件の受注活動を営業部門マネージャーや開発部門の各グループマネージャーと実施。
事業計画にもとづいて各グループの業務状況ならびに開発プロジェクトの状況を確認し、課題発生時にグループマネージャーやPMと対策を実施。
社歴:2019年入社

Y・Kさん(中途入社)
部署:プロダクト開発部 ソフトウェアデベロップメントグループ マネージャー
お客様からの受託システム開発やシステム改修要望に対して、その要求仕様を定義しプロジェクトチーム(自社メンバー、協力会社様で構成)のマネジメントを実施
社歴:2003年入社


プロダクト開発部ではどのようなお仕事をしていますか?
人事
エンジニアリングを担っている部署はプロダクト開発部のみでしょうか?

M・Sさん
お客様からのシステム開発を行うのはプロダクト開発部になります。
プロダクト開発部は4つのグループに分かれています。
1つ目は『ソフトウェアデベロップメントグループ』。このグループはお客様に要求事項をヒアリングさせて頂き、主にスクラッチベースで受託開発を行うグループです。
2つ目は『プロダクトデベロップメントグループ』。このグループは弊社の主力パッケージである『テレフォンマスター』をベースにした案件開発を行っています。
3つ目は『品質管理グループ』。このグループは開発案件の検証作業を実施し、弊社開発プロジェクトの品質確保を担っております。
4つ目は『ITエンジニアリンググループ』。このグループは開発案件におけるインフラ設計、構築を担うグループです。
各部署の人数としては、グループごとで異なりますが5~10名で構成されています。


PM(プロジェクトマネージャー)とはどのようなお仕事でしょうか?
T・Kさん
お客様から要望を伺い、開発メンバーに受け渡し、開発全般をコントロールする役割となります。
長期、短期等様々なスケジュールやプロジェクト品質を管理し、プロジェクトを成功へ導く役割だと思います。お客様は法人の方で、主に携帯販売を行っている商社です。

人事
商社からはどういった要望があるのでしょうか?

T・Kさん
一例ですが、見積書発行、営業後の請求書や後処理など、点在していた多様なシステムを一本化してほしい、などのご要望を言われたりします。

T・Fさん
我々は、一つのプロジェクトとして、その成功を目指すのですが、システムを受注し、開発体制を構築し外注先へ委託する場合には、協力会社様に開発内容の説明を行います。
その際、お客様の要望を正確に伝えて、間違ったものが出来ないように気を付けなければなりません。
常に、進捗確認を行い、弊社納品後に、最終動作確認や検証を経て、お客様へ納品します。
その後、運用してからのアフターフォローのために人員配置を行ったりもします。

人事
案件は、どのようなスケジュール感ですか?

T・Fさん
短いものは、開発から検収まで1週間、長いもので半年・1年です。
3~4名程度の自社メンバーと協力会社様で構成するプロジェクト体制が多いです。

M・Sさん
スケジュールは、お客様と決定したリリース時期がある場合には、その期間に応じ、必要なスキルを持ったメンバーを投入できるように人員配置を決めていますね。

人事
スケジュールが遅れるケースはありますか?

T・Fさん
ありますねー….
開発プロジェクトにおいては少なからず発生することなんですが、仕様変更や仕様追加が影響するケースはあります。
大きい変更であれば、再見積もり等が必要な時もあるかと思いますが、多くは小さい仕様調整である場合が多いので、お客様と臨機応変に調整させて頂き対応するようにしていきます。

人事
仕様調整のオーダーを受けるのもPMでしょうか?

T・Fさん
営業の方が、お客様と交渉して仕様調整する場合もあります。
また、私の方でお客様と直接交渉を行うこともあります。

M・Sさん
お客様や協力会社様の力を借りて、社内メンバーとともに予算内にお客様にリリースできるようにマネジメントしていくのが、PMの最も大きな役割だと思います。

人事
繁忙期はありますか?

M・Sさん
特に大きな繁忙期はありません。
お客様から期初や月初から運用したいといった要望を受けることがあり、年度末、月末に稼働負荷が上がることはあります。
PMはお客様や協力会社様との調整が大半の仕事となります。
お客様から『いいシステムをつくってくれてありがとう』と言われた時は、達成感を感じます。

Y・Kさん
PMは、全体を見る仕事なので、他の仕事にも生かせると思います。
調整事も多いですが、先回りすることもできるので自分次第で良くも悪くもできるかと思います。
それが魅力に感じれば楽しくなると思います。
先回りするとは、今後こういった要望があるかな、などと予測することです。
また、予期せぬことに対応するため、経験をもとに感じ取って周囲へヒアリングをしています。
全体をみることができるのが、良いところでもあり、また大変なところですね。


PM(プロジェクトマネージャー)になるまでにどのような経験をしましたか?
Y・Kさん
私は開発プログラムを書くところからはじまり、その下積みを経て、営業の方と共に客先にて案件提案を積んできました。
入社後より主にテレフォンマスター以外の受託開発を行っていました。
その中で大手のお客様からの案件開発を担当したりなどして、今に至ります。

M・Sさん
開発メンバーとして開発工程を理解することから始めました。
PMは、プロジェクトのすべてを細部まで理解し自ら実践することは、大きな案件になればなるほどできなくなりますから、各工程のWBSとその進捗状況を把握し、問題解決をリードしていくことが大切だと思います。PMに求められるものはリーダーシップを発揮し、プロジェクトをコントロールすることです。

T・Fさん
私は、PMを始めて現在2年目ですが、その前はショップの店長を3年半経験しました。
店員の前は保守のコールセンター長等を経験しました。
開発はソースコードも書いたことないです。

M・Sさん
彼(T・Fさん)は、調整力と業務知識が持ち味ですね。(笑)

T・Fさん
ゴールにめがけて逆算することを心がけていますね。
やってきたことが、PMにつながっていますね。

T・Kさん
僕もT・Fさんのような経緯で、ショップ歴が8年くらいあります。
その後4年前にシステムの方に足を踏み入れました。
始めは、開発職の方が開発したシステムのテストからはじまり、徐々に問合せ対応でお客様とのやり取りが増えていき、その後仕様決めなどの上流工程にも携わるようになりました。
その過程で最近、プログラムを読めるようになり、品質管理に活かせるようになりましたね。

M・Sさん
PMには、開発メンバーとしてプログラミングし、設計、検証と各工程を経験してからなるケースと、業務知識を活かしてお客様との交渉や要件定義を行い、開発に関してはITスキルを持つメンバーとともに進めていく2通りのタイプがあると思います。


テラのPM(プロジェクトマネージャー)の理想像・素養について教えていただけますか?
M・Sさん
私はPMの素養としては、リーダーシップ・コミュニケーション力・常に前向きであり、簡単にはくじけない人間味のあるタイプの方が向いていると思います。弊社のPMにはコミュニケ―ション寄りのPMが多いのではと感じています。半面、リーダーシップを発揮するタイプは少ないなと感じており、ここを伸ばしていきたいと考えています。

T・Fさん
コミュニケ―ション、責任感、決断力が大切です。
また、精神論的ではありますが、思いやりがある人がPMに求められると思います。
責任を果たしてくれる部下に対し、テレワークの環境下においても思いやりを持って、モチベーション維持するなどが出来る人が大切ですね。
モチベーションによって成果物の質にも影響が出るため大切ですね。

T・Kさん
まだ出ていないところで言ったら、細部まで働きかける「ケアする力」でしょうか。
進捗、お客様等の状態を細かく見ることが大切です。
多忙な時に、メンバーの「大丈夫だと思います」という言葉を確認せずにすすめてしまうことなく、そこをきちんと見て、危ないところがあれば細かくケアする必要があります。
また、伝達力も必要です。
お客様と協力会社様の間に立つ人間として、相手の真意をいかに伝えるかを考えることが大切です。
具体的には、常に声をかけたり、また進捗通りに進んでいないときに理由を聞いたりなどしています。

Y・Kさん
責任を持つことでしょうか。
PMが最後の砦として頑張る、という気持ちを持つことが大切です。
プロジェクトに関しては、すべてを回していく意気込みですね。
何が起きてもその場で判断し、適切に判断して対処することが必要ですね。


エンジニアとしてのやりがいを教えていただけますか?また、PM(プロジェクトマネージャー)になりたいと思うようになった、心境の変化について教えていただけますか?
Y・Kさん
エンジニアはものづくりとして楽しいですね。
お客様のお役に立てているという実感がやりがいになっています。
その反面、何か問題が発生するとすぐにフィードバックがありますので、緊張感がありますね。
当初はPMについては知っていたものの強く意識はしていませんでしたね。
でも、システムは一人では作れないため、全体を見て、より大きなものを作ってみたいという事はもともと思っていました。

M・Sさん
私の場合は、まずITスキルを身に着けたい。そこで自信がついて、次のキャリアとして、技術を追いかけるよりプロジェクトマネジメントをしたいと思うようになりました。
先輩などをみながら、PMの仕事を理解して、目指してもらえればいいと思います。
ただ、PMは気持ちのON/OFFの切り替えがとても大切だと思います。例えば、土日まで心配事を持ち越してしまう人は向いていないのではないかと思います。


テレワークで働く魅力と苦労について教えていただけますか?
T・Kさん
特に苦労はあまりありません(笑)
チャットのやり取り、Zoomなどを通じてコミュニケーションは取れていると感じています。
魅力は、通勤時間が無くなったところです。
物理的な弊害はあまりありません。

T・Fさん
通勤時間は確かにないので魅力ですね!
一方で、苦労としては、僕のスタイルである「話しながら状況をつかむ」ということがうまくいかない場合は、不安になる部分もあります。
例えば、コミュニケーションツールをうまく使いこなせないメンバーもいるので、文章の読解が難しく、依頼したことに対する返信がすぐに返ってこない場合などは不安になることもありますね…
単に集中しているのかもしれませんがね…

M・Sさん
通勤時間がないのと、集中しやすい環境でありそこは魅力ですね。
苦労としては、オフィスであれば何気なくできた遠くからメンバーの表情をみたりすることが出来ず、その人の状況がつかみづらいことでしょうか。

Y・Kさん
自宅なので調整がしやすいですね!
集中できる一方で集中できない人がいるのも一つなので、その人次第なのではないでしょうか。
運動不足になりやすいかと思いますが、そこも自分次第というところだと思います。
また、昨今の状況からテレワークへのお客様の理解が得られているのも現在は魅力です。


開発として今後どういう組織にしていきたいですか?
Y・Kさん
それぞれのメンバーがPMとしても動けるようになったらこれ以上強い会社はないのでは、と思います。
また、テレフォンマスターに継ぐ、自社の製品開発をしてみたいなという思いはあります。

人事
できそうですか?

Y・Kさん
おかげさまで今は引き合いが既存も新規も絶えることなく増えている状態なので、採用を増やし体制を強化しながら、今後は並行して製品開発をできればと思いますね。

T・Kさん
自分の品質管理グループで考えると、メンバー一人一人がステップアップして、自分でスケジューリングやテストなどが行えるようになるといいと思っています!
システムに対する理解も深めていただければと思います。

T・Fさん
ぼくは、属人化しない組織を作りたいですね。
一人の人で影響されずに、次の体制として整えられる組織にしたいと思っています。
人が辞めることや自分の異動などがありますが、そういったときに影響されないことが必要ですね。
具体的には、一人に与えられたタスクをZoomでほかの人に引継ぎ、手順化するなどノウハウのシェア、ドキュメント化を少しずつ進めたいと思います。
また、PMになるような人を育てることを目標としたいですね。

M・Sさん
開発部門として、「まずはテラに話してみよう」とお客様に言っていただける組織にしたいです。
そのためにPMやシステムアーキテクトの採用を進めたい。
現状、お客様から頂いている案件をしっかりと対応させて頂く事を第一とし、そのうえでより大きな案件を複数開発していけるようにPM人材を確保していきたいですね。


人事からヒトコト
テラでは、システムの仕様から設計、その後の運用からアフターフォローまで、すべての工程をコントロールしています。
そして、お客様と開発チームの懸け橋となるのは、他でもない、卓越したコミュニケーション力で周囲へのヒアリングを欠かさない、経験豊富なPM(プロジェクトマネージャー)です。
常に先読みをしながら、チームメンバーの力が最大限に発揮できるよう気を配り、責任をもってお客様へ安心してシステムをお届けします。
初めからPMを目指している人は少なくとも、スキルを身につけ、更なるキャリアアップを目指した先にPMがあり、そこから自信や、より大きなやりがいにつながります。
おかげさまで、テラは業務刷新と拡大に向けて新たなステージへ向かうこととなりました。
共にテラで、メンバー一人一人が成長を目指せる『チーム』力を身に着けませんか?
一人でも多くのお客様から「まずはテラに話してみよう」(相談してみよう)と言っていただけるような組織を目指しませんか?